調停の対応について

ご相談を受けている中で、ご自分で調停の対応をし、調停の間に弁護士に相談することなどもなく調停成立となった方の中で、弁護士から見ますと、その方にとって相当不利な内容で合意をなさっている方がいらっしゃいます。
 
 どのような経過で調停成立となったかをうかがいますと、成立した内容が自分にとって不利なもののように思えたものの、裁判所の調停委員がその内容でしか調停成立とできないので、応じるべきであると言われた、専門家である調停委員が言うのであれば、それが正しいのであろうから、応じるほかないと思った、といったお話です。

tyoutei.png

裁判所の調停委員は、中立の立場で両者間の調整を図る方々ですが、対応の仕方が調停委員によってまちまちであり、また、必ずしも当事者に親切に対応してくれるとは限りません。

 

当然のことながら、調停委員の話に耳を傾ける必要はありますが、調停委員の話を鵜呑みにするのではなく、本当にこの内容で合意をしていいのかを自分の立場で判断しなければなりません。

 

 
 調停において、合意をするかどうかを決めるのは当事者であり、調停委員が何を言っても、最終的には、当事者が合意をしないと言えば、調停成立とはならないのです。調停において、本当にこの内容で合意をしていいのかについて少しでも戸惑いがあるのであれば、一回期日を続行してでも、弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。調停が成立してしまってからでは手遅れとなってしまいます。

 

                              (弁護士 高橋善由記)

 

当事務所が執筆したコラムです。ぜひご覧ください。

NO コラムタイトル
出張
面会交流
七夕
七夕2
焼き芋
花粉症
調停の対応について
加湿器を設置しました
面会交流拒否で100万円
10 お花見


                                >>事務局コラムはこちらからどうぞ。

まずはお気軽にお電話下さい!

ImgTop3_2.png

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●HOME
●事務所紹介
弁護士紹介
ご相談の流れ ●アクセスマップ ●弁護士費用

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.